フライングディスクの起源は、1940年代、アメリカのアイビーリーグの名門校であるエール大学の学生たちが、キャンパス近くの「フリスビー・ベーカリー」のパイ皿を投げ合ったのが始まりといわれています。日本に初めてフライングディスクが紹介されたのは1969年、その後1975年に名古屋で日本フリスビー協会を創設。1984年に日本フライングディスク協会へと改称し、同年、世界フライングディスク連盟に加盟。1992年には「第6回世界アルティメット&ガッツ選手権大会」を栃木県宇都宮市で、2012年には「WFDF2012世界アルティメット&ガッツ選手権大会」を大阪府堺市にて開催し、ウィメン部門が世界チャンピオンとなっています。最近では、2015年に世界フライングディスク連盟がIOC(国際オリンピック委員会)に正式承認され、前年の2014年には日本フライングディスク協会がJOC(日本オリンピック委員会)の加盟団体として認められています。

NEWS

29
3月

第23回東日本アルティメットフレッシュマンズカップ 決勝戦

3位決定戦 ・11点先取の得点制とする。※ただし、試合時間の上限は最大30分とし、30分になった時点で終了とする。 ・30分経過した時点で得点が高いチームの勝利とする。同点の場合はディスクフリップにより勝敗を決定する。 ...
14
3月

フライングディスク体験会(2018年3月24日(土))

当日直接会場までお越しください。ご質問ございましたら東京都フライングディスク協会へメールにてお問い合わせください。 お問い合わせ先 E-mail:info@flyingdiscs.tokyo
16
2月

フライングディスク体験会(2018年2月25日(日))

当日参加も可能です。ご質問ございましたら東京都フライングディスク協会へメールにてお問い合わせください。 お問い合わせ先 E-mail:info@flyingdiscs.tokyo