第21回東日本アルティメットフレッシュマンズカップ 決勝戦を開催しました

第21回東日本アルティメットフレッシュマンズカップ 決勝戦を開催しました
10
4月

概要

イベント名称:第21回東日本アルティメットフレッシュマンズカップ 決勝戦
開催日時:2016年4月9日(土)9:00-17:00
開催場所:東京都調布市 味の素スタジアム・アミノバイタルフィールド(決勝)(アクセス
最寄駅:京王線 飛田給駅から徒歩10分
入場料:無料
主催:東京都フライングディスク協会
共催:一般社団法人 日本フライングディスク協会
後援:江戸川区、神奈川県フライングディスク協会、埼玉県フライングディスク協会、千葉県フライングディスク協会、青森県フライングディスク協会、茨城県フライングディスク協会、長野県フライングディスク協会、富山県フライングディスク協会、秋田県フライングディスク協会、北海道フライングディスク協会、福島県フライングディスク協会、宮城県フライングディスク協会(順不同)
主管:日本フライングディスク協会 全日本大学連盟 関東支部
競技部門
①オープン部門(性別不問)
②ウィメン部門(女性のみ)
表彰対象:各部門の優勝、準優勝、第三位、SOTGポイントの最上位チームを表彰
参加人数(予選含む):男性 417名、女性287名 合計704名
参加チーム数:オープン部門(性別不問)28チーム、ウィメン部門(女性のみ)24チーム
決勝戦入場者数:793名(スタッフ・出場選手含む)

第21回東日本アルティメットフレッシュマンズカップ ウィメン部門 対戦結果

日本体育大学バーバリアンズ 9 – 7 早稲田大学ソニックス
日本体育大学バーバリアンズ、連覇達成!

優勝:日本体育大学バーバリアンズ
MVP:#86 平澤 柚香

VC9A7120

VC9A7126

準優勝:早稲田大学ソニックス
敢闘賞:#14 藤田 あかね

VC9A7133

VC9A7135

第21回東日本アルティメットフレッシュマンズカップ決勝戦 ウィメン部門は強い風の吹く中スタートしました。
悲願の優勝を狙う「早稲田大学ソニックス」は開始6分、「日本体育大学バーバリアンズ」のディフェンスをくぐり抜けブレイク(※1)し、2点目を獲得します。
その後試合中盤までは早稲田大学優勢でゲームが運び、このまま早稲田大学の勝利となるか、と思うのもつかの間。日本体育大学の猛反撃がスタートします。
試合28分、#5山根 綾珠から#82濱島 有里への得点を皮切りに、そこから怒涛の5連続得点。圧倒的な勝負強さを感じさせる時間帯でした。

そのまま50分を迎え、7-4日本体育大学リードのまま、タイムキャップ(※2)となりました。
決勝点は9点、日本体育大学の圧倒的有利の中、早稲田大学の選手たちが魅せます。
63分までの間に今度は早稲田大学が#17鷦鷯 亜操から#53高島 芙実、#19嵩井 千遥から#21石田 みのり、#5海老塚 美邑から#36砺波 里紗と3得点を奪取。ナイスキャッチ、ナイスディフェンスも飛び出し、早稲田大学が7-7の同点まで持ち込みました。

日本体育大学5連続得点からの、早稲田大学3連続得点の取り返し。両大学の意地のぶつかり合いが会場をヒートアップさせました。
7-7となり、先がわからなくなった好ゲームはその後何度もターンオーバー(※3)が起こるシーソーゲームとなりました。
最後は日本体育大学4年 #82濱島 有里が落ち着いてディスクをコントロールし、9-7で日本体育大学が勝利し、優勝となりました。


※1 ブレイク…自チームがディフェンススタートの際に得点すること
※2 タイムキャップ…試合の上限点を決定するため、50分経過時点で点の高い方のチームに+2をした値を決勝点とするルール
※3 ターンオーバー…攻守交代

第21回東日本アルティメットフレッシュマンズカップ オープン部門 対戦結果

早稲田大学ソニックス 9 – 7上智大学フリークス
早稲田大学ソニックス、連覇達成!

優勝:早稲田大学ソニックス
MVP:#88 川崎 智佑喜

VC9A7098

VC9A7103

準優勝:上智大学フリークス
敢闘賞:#28 島 彰吾

VC9A7110

VC9A7112

ウィメン部門決勝戦、ユーストレセンエキシビションの興奮冷めやらぬ中、第21回東日本アルティメットフレッシュマンズカップ決勝戦 オープン部門がスタートしました。
「早稲田大学ソニックス」は早稲田大学ウィメンのスタートダッシュを追うように、開始3分までに2点を連取します。
その後、早稲田大学はゾーンディフェンスを仕掛け「上智大学フリークス」の足を止める作戦に出ますが、技巧派プレーで名を馳せる上智大学はキャプテン #28島 彰吾を中心に丁寧にディスクを回し、早稲田大学のゾーンディフェンスを切り崩します。

試合中盤、#28島から#30宮本 一樹へのホットラインで得点を重ね、試合を振り出しに戻します。
そこから50分のタイムキャップまで、一進一退の攻防を繰り広げます。
早稲田大学の猛々しいビッグプレー、上智大学の計算されたディスク運びに観客は試合にのめり込んでいるようでした。

試合は均衡したまま続き、49分に上智大学が得点をし、そのまま7-7でタイムキャップとなります。
試合の流れが大きく変動したウィメン部門と異なり、どちらも流れを引きよせるチャンスを窺いながら、試合は終盤に突入します。

最後のチャンスを引き込んだのは、早稲田大学。上智大学の気迫のこもったディフェンスからなんとか1点をモノにし、早稲田大学が先にマッチポイントを握ります。あとがなくなった上智大学。ここからはお互いにマンツーマンディフェンスに切り替え、最終局面を迎えます。

ターンオーバーが多くなった最終ターン、早稲田大学のゴールエリア前からの上智大学オフェンスがスタートします。
ここで早稲田大学#10 城山 海周の値千金のストーリングディフェンス。そのままディスクを落ち着いて進め、早稲田大学が得点し、9-7で早稲田大学が勝利、優勝となりました。

決勝戦のプレー写真(その他の写真は近日公開します)

VC9A6010VC9A6085

VC9A6597VC9A6545

試合形式(決勝戦)

11点先取の得点制とする。ただし、試合時間の上限は設けない
・試合時間が50分経過した時点で決着がついていない場合、タイムキャップとなり、50分経過時点で点の高い方のチームに+2をした値(上限11点)が決勝点となる。(修正しました)
・ハーフタイムは設けない。
・タイムアウトは12回までとする。タイムアウトは試合時間に含まれる。
・試合進行をスムーズに行うため、得点後からプル(スローオフ)までは75秒以内とする。
フィールドディレクターによる試合進行に基づき、試合を行う。
※フィールドディレクター:試合進行をスムーズに進めるための時間管理、およびルールの助言を適宜行う。コールやラインの判定は行わない。 

同時開催イベント レポート

①TOKYO ULTIMATE 5on5 ~April~

VC9A5117VC9A5177

大会名称:TOKYO ULTIMATE 5on5 ~April~
大会日時:4月9日(土)9:30~11:30(予定)(9:00開場、9:10 受付)
大会会場:東京都調布市 味の素スタジアム・アミノバイタルフィールド
募集部門:オープン(どなたでも参加できます)
主催:東京都フライングディスク協会
主管:日本フライングディスク協会 全日本大学連盟関東支部
参加チーム:8チーム
参加人数:75名

決勝戦が行われたアミノバイタルフィールドで、5人対5人のアルティメット、「TOKYO ULTIMATE 5on5 ~April~」を開催しました。
5人制アルティメットは、①7人制アルティメットに繋がる競技スキル向上、②運動量確保を考慮したコンパクトな試合形式、③愛好者でも楽しめるフィールドサイズ、という特徴を持っています。
参加者は環境の良いフィールド、晴天の中アルティメットを楽しんでいるようでした。これからもTOKYO ULTIMATE 5on5の定期開催を目指します。

②新入生向けスロー講習会
~アルティメットのキホンのキ、教えます~

IMG_6983IMG_7034

時間:10:30~11:30
内容:フライングディスクの基本的な投げ方講習

10:30からは新入生向けのスロー講習会を行いました。現在三鷹ナイトを主催しているメンバーの方々にご協力いただき、50名を超える新入生の皆さんにスロー講習をしていただきました。
フライングディスクの投げ方の基本であるバックハンドスロー、サイドハンドスロー、そこから少しアルティメットのプレーに発展させたランパスなどを行い、爽快な汗を流しました。

③学年対抗 オールスター戦

VC9A5403VC9A5746

時間:
11:40 ウィメン部門 スローオフ
12:10 オープン部門 スローオフ

関東新大学2年生オールスターズ vs 関東新大学3年生オールスターズでエキシビションマッチを行いました。
新大学2年生のフレッシュなプレー、新大学3年生の落ち着いたプレーで見るものを楽しませるものとなりました。
試合結果はオープン部門、ウィメン部門ともに新大学3年生オールスターズの完勝。経験が物を言う試合となりました。

④東京都ユーストレセン選抜エキシビションマッチ

VC9A6399VC9A6358

時間:14:00~14:30

昨年12月から行っている「アルティメット東京都ユーストレセン」から選抜された中学生と東京都 福生で活動している「GONAアルティメットクラブ」のエキシビションマッチを行いました。
未来の日本代表となる、若きアルティメットプレーヤーたちが集結し、試合を繰り広げました。
スタート時のユース選手のスローオフ、大人顔負けのパスワークに観客の大学新入生はもちろん現役プレーヤーも驚いているようでした。

アルティメットの未来を感じさせる、非常に良いエキシビションマッチとなりました。

お問い合わせ先

東京都フライングディスク協会
03-6423-6801
info@flyingdiscs.tokyo